自己破産 借金 滞納

自己破産の概要

債務整理の方法にはいくつかの種類があり、自己破産もその内の一つの方法です。

 

自己破産というのは、債務者がこれ以上債務の履行、つまり返済支払いを続けることができないと判断したときに、裁判所に申し立てをして債務(借金)を全て免除してもらう、という手続きです。

 

自己破産が決定すれば、債務者にとっては、複数ある債務整理方法のなかで最も負担を軽くすることができる方法ですが、決定に至るまでの条件は決してゆるくはありません。

 

自己破産には大きく分けて二つの手続きがあり、申立て後に、まず財産がないことを裁判所が認めると、破産宣告が行われます。
この時点では、借金の支払い義務が残っていますので、次に免責の申立てを行うことになります。
ただし、実務上は破産申し立てと免責の申し立てを同時に行い、破産宣告が出たら引き続き手続きを行うことになります。

 

免責の申し立てをすると、借金の目的や使い道などを厳しく審査され、特に問題がないと判断されれば、税金などの一部を除いた債務(借金の返済)が免除されます。
※ギャンブルや浪費目的で借り入れをした場合には、破産は認められても免責を受けることができず、返済義務が残る可能性があります。

 

申立人は、破産・免責に至る過程で、所有している資産の大半を手放すことになりますので、財産がある人にはあまり向かない整理方法といえるかもしれません。

 

 

 

トップページでは、借金滞納のお悩み解決の具体的方法を紹介しています。