過払い金 借金 滞納

過払い金の概要

債権整理関連の話の中でよく耳にする単語の一つに過払い金があります。
過払い金というのは、元々定められていた法律により、その後定められた上限金利よりも高い利率で借り入れをしていた人が、長年まじめに返済を続けていたことで、法律改正後に結果的に払い過ぎになったお金のことです。

 

改正貸金業法が施工される2010年以前に金銭消費貸借契約を交わし、取り決め利率が年15〜20%超で、かつ長期的に返済を続けていた人は、この過払い金が発生している可能性が高いです。

 

債務整理の中で過払い金の返還請求を行う場合には、まず利息の引き直し計算を行って払いすぎている金額を確定します。
その後、その金額を貸金業者に返還請求しますが、納得いく解決ができなかった場合には訴訟に移行して、判決をもらうということになっています。

 

近年、継続的にこの過払い金返還請求がなされているため、多くの貸金業者が資金不足に陥っている、と指摘されています。
なので、過払い分全額の取り戻しに執着して、時間のかかる裁判を繰り返していると、貸金業者の体力が奪われ、倒産して支払い能力がゼロになりかんねません。
そのため、もちろんケース・バイ・ケースですが、貸金業者との間で任意和解して早期解決を図ると言うことも多く、その場合には専門家と相談しながら方針を決めることをオススメします。

 

 

 

トップページでは、借金滞納のお悩み解決の具体的方法を紹介しています。