個人再生 借金 滞納

個人再生の概要

複数ある債務整理方法の中で最も手続きが難しいのは個人再生かもしれません。
その他の整理方法、たとえば自己破産や任意整理、特定調停といった整理方法は、その気になれば個人で申し立て手続きを実行することができると思いますが、個人再生の手続きだけは、その申し立て手続きに専門性を要するため、弁護士または司法書士といった専門家に依頼する方がよいでしょう。

 

個人再生とは、自分の収入や資産、借入れている金額などを裁判所に報告し、その借金の一部(住宅ローンに関しては全額)を支払うことにより、その余の借金は免除してもらいつつ、マイホームは差押を受けずに済む、という債務整理方法です。

 

なので、マイホームだけは手放したくないという人に向いている方法ですが、適用されるための借入金の額に制限があり、また資産が多い人の場合には、整理後の支払額をあまり低額に抑えられない傾向にあります。
また、給与所得や個人事業所得などの安定した収入があることが条件となっていて、誰でも適用される整理方法ではありませんので、申し立てる前に専門家に相談して十分に検討する必要があるでしょう。

 

前述した通り、住宅ローンはこれまで通りに支払い、借金については免責分を除いて再計算した金額を3〜5年かけて分割弁済していくという整理方法なので、申し立てする際には、免責額の計算根拠や返済予定表などを作成しければならず、専門家の力を借りないとできない手続きといえます。

 

ただし、自己破産と違って、借入金の目的や使途について問われることがありませんので、ギャンブルや浪費などで借金をした場合でも申し立てできる債務整理方法です。

 

 

 

トップページでは、借金滞納のお悩み解決の具体的方法を紹介しています。