任意整理 借金 滞納

任意整理の概要

任意整理というのは、裁判所を通さずに行う債務整理方法です。
任意整理という名の通り、債権者と債務者の間で任意に話し合いを行い、お互いが納得できる条件を見つけて和解書を交わし、新たな契約内容で取引を再開するという手続きです。

 

この方法を選択するケースは、自己破産や個人再生など、手続きが複雑で費用がかかる方法をとる必要がない程度の少ない債権額だったり、債権者の数が少ない場合、あるいは過払い金が発生している場合などが考えられます。

 

通常、債務整理というと、借金の返済方法を変更したり、一部または全部を免除してもらうというイメージが強いですが、改正貸金業法の施行により発生した払い過ぎたお金(過払い金)の取戻しも任意整理の一環です。
過払い金の取戻しでは、貸金業者が提示する過払い金の返金額に納得できれば、和解書を交わしてその金額を返してもらうということになります。

 

任意整理という手続きの利点は、債権者、債務者双方による話し合いがまとまりさえすれば、問題がスピーディに解決することができるということです。
また、、裁判所に提出するための多くの書類を作成する必要がないという点では、申し立ての負担はとても小さくなります。
逆にデメリットとしては、訴訟のように高額の過払い金を取り戻すことは困難なため、ある程度の妥協が必要になるという点が挙げられます。

 

いずれにしても、素人の自己判断は禁物です。
手続きに際しては、専門家とよく相談することをオススメします。

 

 

 

トップページでは、借金滞納のお悩み解決の具体的方法を紹介しています。