特定調停 借金 滞納

特定調停の概要

諸事情により急な入り用が発生し、どうしてもお金が必要な時には借金をすることもあると思いますが、あくまでも当初は一時的な借り入れのつもりで出発することが多いと思います。
が、度重なる借り入れで首が回らなくなったり、急に職を失ってしまい返済原資がなくなったり、などの理由で返済困難に陥ってしまうこともありえます。
このような時には、日常生活を営みながら無理のない返済ができるように、債務整理を行う必要があります。

 

債務整理を行うには、専門家に依頼して債権者と話し合いを進める任意整理の他に、簡易裁判所に申し立てる特定調停があります。
任意整理は弁護士などが債務者と債権者の間に入るかたちで和解交渉を行うのに対し、特定調停は裁判所が債務者と債権者の仲裁を行います。

 

特定調停においては、弁護士を代理人に指名することもできますが、原則として債務者自らが手続きし調停の立ち会いを行います。
任意整理と比較して、費用面でかなり安く行うことができる点がメリットですが、申立書その他の必要書類を複数作成しなければならないため手間がかかります。
また、裁判所は年中無休で稼働している訳ではなく、調停の日時は全て裁判所の指定によるため、終結するまでに長い時間がかかることが珍しくありません。
その他、過払い金の返還請求は対象外となります。

 

調停で合意となった通りに返済ができない場合には、いきなり給料の差し押さえなどが発生するなど強制力が強いので、特定調停の利用について、十分その特徴を理解して申し立てするようにしてください。

 

 

 

トップページでは、借金滞納のお悩み解決の具体的方法を紹介しています。